条件別 おすすめの薬剤師 転職サイト

口コミから判断して、「おすすめの転職サイト」と

 

まあまあ おすすめの職サイト」中から

 

条件別にみたおすすめの薬剤師転職サイトです。

 

あなたが重視している条件から

 

薬剤師転職サイト選びの参考にしてください。

条件別おすすめの薬剤師 転職サイト記事一覧

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 駅近の求人

薬剤師として快適な生活を送るためには通勤便利であることも大切な条件です。通勤に時間が掛かれば掛かるほど自分のプライベートな時間が減ってしまいます。駅から近い職場なら出勤や退勤が遅くなった時でも暗い道をひとりで歩く時間も少なくて済むので、怖い思いをする事も少ないです。また、駅から近ければ雨の日もあまり...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 契約社員制度ありの求人

契約社員とは、働く期間、給料などの条件を企業などと、決められた期間での非正規雇用を結んでいる社員の事で決められた期間が終われば契約は終了し契約満了になるケースもありますが契約を更新する事もありますし正社員へなる可能性もあります。薬剤師の場合、期間が有期なので採用側の負担も少ないので採用しやすく給料も...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 研修が充実している求人

研修が充実している薬剤師の職場は入社してから、実際に担当部署に配属されるまでの間に行う薬剤師研修はもちろん配属されてからは、社会人研修や先輩社員が実際に現場で仕事をしながら経験をしていく店舗実務研修、入社二年目以降では社内外の勉強会や研修会に参加したりスキルの再確認を行うためのフォローアップ研修など...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 高給与の求人

薬剤師は、一般的には他の職業に比べると高収入である職種でありますが転職してより高収入を得にはどこにすればいいでしょうか?地域で言うならば宮城県が一番の高収入と言われていますが地域で言うならば、都市部よりも地方で働いている薬剤師の方が年収が高いです。なぜなら薬剤師の数が多すぎる都市部とは反対に、地方で...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 再雇用制度ありの求人

薬剤師の場合の再雇用制度を謳っている企業では主に女性労働者が妊娠や出産、育児を理由に退職した場合に再び元の企業に雇用される事を定めている制度である場合が多いと思われます。再雇用制度は、男女雇用機会均等法、第25条によりこの制度の導入が支援されています。また、定年後再雇用制度では国が企業に、60歳以下...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 在宅業務ありの求人

国も高齢化社会に伴う医療費増大を懸念して高齢者の医療費抑制の為に入院治療ではなく在宅治療を推進する方向へ向かっています。在宅業務とは、言わば在宅医療の一環であり在宅業務は、薬剤師が患者様のご自宅や施設を訪問し患者さんの生活環境や体調、服薬状況、副作用などをきちんと把握しお薬の用法用量、効能効果、注意...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 残業なしの求人

基本的に残業がないのは調剤薬局です。調剤薬局の仕事は全て診療時間内に終わるますので全く残業がなかったりほとんど残業がない職場が多いです。しかし薬剤師の数が少なく、患者さんが多いと薬歴が溜まって、毎日残業している職場もあるようです。ですから、調剤薬局で転職先を探す場合は薬剤師が多いか少ないかを確認して...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 資格取得支援有りの求人

薬剤師は、薬剤師資格を取得した後も時代に即したニーズに対応するために常に勉強する必要があります。ですから、認定薬剤師や専門薬剤師の資格を得ることで薬剤師の肩書きとして認定薬剤師や専門薬剤師であるということは最新の知識と専門性を持ってい、時代のニーズに沿った医療を実践することができる薬剤師と言えます。...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 週休2日の求人

薬剤師さんの収入は一般的に安定していますので仕事だけではなくプライベートも充実させたい方家庭での時間も大切にしたいので転職するなら、週休2日の求人を条件としている方も多く週休2日の求人はとても人気があります。週休2日で求人を探す時の注意点募集要項で休日欄に記載されている言葉で「完全週休2日制」と「週...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 準社員制度ありの求人

薬剤師の場合、準社員と正社員の大きな違いは労働時間の差です。正社員の場合は週5日で休憩時間を除いた8時間労働が基本ですが準社員の場合は働く日数や時間を選ぶことができます。週5日勤務は社員と同じでも、1日当たりの労働時間を5時間にする。また、1日の労働時間は正社員と同じでも出勤日数は週4日程度にする。...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 住宅補助・手当のある求人

住宅支援には福利厚生の一環として「住宅補助」や「住宅手当」があります。住宅補助は、薬局や病院、ドラッグストアなどが社宅として借り上げているマンションなどに住む形となります。転職に引越しを伴う方や一人暮らしの方には有難いと思います。一方、住宅手当は薬局や病院、ドラッグストアなどが賃貸物件の家賃の一部を...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 中小企業の求人

中小企業規模の職場を探す場合薬剤師は大規模企業よりも中小企業規模の方が年収が高く残業時間も大手企業に比べると短いと言われていますがそれは、従業員の平均年齢・勤続年数にあります。中小企業は、大規模企業に比べ平均年齢が高、勤続年数も永いので年収も高くなっていますので年収が高いからという理由で中小企業を選...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 転居支援ありの求人

薬剤師に限りませんが転職する理由の多くがキャリアアップのためとい方は多く転職すればキャリアアップ出来る可能性は十分にあります。ただし、転職をすれば今までの職場とは勤務地は変わります。今住んでいる所から通えれば問題ありませんが勤務地が変わったことにより転居を余儀なくされる場合男性の方でも女性の方でも転...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 独立支援ありの求人

薬剤師が独立したいと考えるのは調剤薬局勤務の薬剤師が圧倒的に多くその理由は、調剤薬局では一般的に初任給は高いのですが、昇給が殆ど無いので必ず一度は独立を考えます。独立し軌道に乗れば1500万円〜2000万円の年収ががひとつの目安でさらに1店舗だけでなく複数の店舗展開をしていければ年収に上限はありませ...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 土日休みの求人

独身の間はいいですが結婚して子供ができれば運動会や授業参観はなどの行事に参加したいと思うのは当然です。薬剤師が、土日休みを確実にとりたいならば官公庁勤務や県市町村の保健所など公務員として薬剤師の仕事に就けば、土日休みはほぼ確実になります。官公庁勤務や県市町村の保健所などです。ただし、そのためには公務...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 年間休日120日以上の求人

転職するにあたり薬剤師の求人にも様々な条件がありますがプライベートを充実させたい方子育て中の方などは家事・家庭との両立もしたいのでやはり休日はしっかりと確保したいと思います。薬剤師の求人の多くは週休2日制である事が明示されており中には週休2日以上のものもありますが注意しなくてはならないのは「週休2日...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 年収600万以上の求人

薬剤師は、一般的には他の職業に比べると高収入である職種であるといわれていますが転職して600万以上を得られるどこでしょうか?厚生労働省「平成26年賃金構造基本統計調査」によれば、薬剤師の平均年収は531万円で男性平均年収が590万円女性平均年収が494万円平均年齢は、38.6歳で平均勤続年数は7.0...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 福利厚生充実の求人

転職先を見つける際には給料も大事ですが福利厚生も気になるところです。福利厚生は「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」に分類されています。法定福利厚生とは、事業主に法律で義務付けられている社会保険料の負担分で健康保険料介護保険料厚生年金保険料雇用保険労働者災害補償保険などの費用の事です。一方、法定外福利...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 未経験可の求人

薬剤師が就く職業は調剤薬局やドラッグストア、病院、企業などですが違う職業に就く際には未経験という事になります。キャリアアップや違う道で頑張りたいと考え未経験の職業へと変えるのは大変な事ですが求人に、「未経験可」という職場は意外と多くあります。それらの多くは、新卒の薬剤師を受け入れているという事もあり...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 夜勤なしの求人

薬剤師と夜勤はあまり関係ないようなイメージを持っている方もいるかもしれませんが病院で働く薬剤師には、夜勤や当直オンコール、その他にも不規則な出勤は当たり前にあります。夜勤はしたくなくて、でも病院で勤務したいという方には確実に夜勤が発生しない病院を選択する必要があります。日勤のみしか出来ないという方は...

≫続きを読む

 

薬剤師 転職 条件別 おすすめ - 両立支援有りの求人

薬剤師は、女性が全体の6割を超えています。その中で、産後も子育てと仕事を両立するために職場を退職せずに働き続けられる環境をいかに整えられるかがな課題となっています。また働きやすい環境にすることによってすべての社員がその能力を発揮できるように様々な支援をしています。子育てと仕事を両立しやすい一定の得点...

≫続きを読む

 

 
TOP まあまあ 調査中 評判良い 検索型